カリフォルニアのアパート情報

カリフォルニアのアパート情報

留学生たちがルームシェアで借りる予算は、平均的に光熱費込で500ドル位が中心ですが、本来ならば1500ドル以上の2ベッドルームにソファベッドやパーティションなどで上手に区切れば3人で共同使用すれば結構素敵な部屋になります。

 

また、異国の地で心細くいるよりも日本人同士の仲間で一緒に生活する事で心強いし情報交換の意味でも助け合いの意味でもベターかもしれません。

 

 

 

アメリカの生活費は日本と比較して基本的な「衣食住」が安くなっていますので同じ収入でもアメリカの方が生活は楽かもしれません。

 

特に食料品は野菜も肉類も日本の半値以下で変えますので外食しない限り食費は日本よりも低く抑えられます。

 

もちろん、レストランやファストフードなどの金額も日本と比べて安いし一人前の量が多いので1名分を2名でシェアして丁度のサイズですので上手に注文すればかなり低く抑えられます。

 

 

 

住居の賃料も日本の地方ぐらいの賃料ですし、面積が日本と比べて50%以上は広いので面積当たりの賃料で感がえればアメリカの方が安くなります。

 

また、賃貸アパート「日本でいう賃貸マンション」の契約には、日本のような敷金と礼金や不動産手数料等がありません。

 

 

 

基本的には保証金として約賃料の2カ月分と1カ月分の賃料を前払いする事でOKですし、保証金は契約満了で大きな損傷がない状態で返却すれば戻ってきます。

 

さらに、良い点はカリフォルニアは年中気候が良いので冷暖房使う時期が少なく済みます。

 

また、水道、電気、ガスなどの光熱費は日本の半分以下ですので負担的には少なく済みます。
アメリカで一番問題は、交通手段が自動車が中心で車関係の購入費やガソリン代が必要と言う事です。