契約はあくまで自己責任

契約はあくまで自己責任

不動産の契約は、売主と買主とが行います。中に仲介業者が入ることもありますが、それはあくまで仕事として。公的な機関が立ち入るなどということはありません。

 

 

 

ですから、法令に違反するようなことや、公序良俗にはんするなどの問題がない限りは原則自由なのです。極端なことを言えば、売主がとんでもない金額を提示したとしても、買主がそれでOKすれば何の問題もないということなのです。

 

名古屋 注文住宅

 

消費者を守るための、ある程度の法整備はなされているといえど、それですべての問題をカバーできるわけではないのです。ですから、不動産の契約はあくまで自己責任であるということを忘れないでいただきたいのです。

 

 

 

そのためにも、信頼のできる不動産業者、信頼のできる売主から購入することが大前提となります。売主と交わすことになる契約書などの書類にはしっかりと目を通すようにしましょう。

 

 

 

契約後にトラブルが発生しないように、不動産契約に関する知識をしっかりと見につけておきたいですね。