手付金保証って何?

手付金保証って何?

不動産取引のときに発生する、手付金保証とはどのような保証金なのでしょうか。

 

 

 

基本的に不動産などを取引する際に、売主が不動産業者などの会社の場合、
手付金などの義務付けがありますが、売主や買主が個人で、仲介業者を通した
不動産売買の場合には、手付金保障制度を利用しています。

 

 

 

保証限度額は1,000万円、もしくは取引価格の20%ですが、
どちらかで低いほうを優先します。

 

 

 

この保証金の内容などについても、契約書などにしっかりと記載
されているので、売買契約の前にはしっかりと目を通しておき、
不安な点は質問をしてみましょう。

 

 

 

よくわからない場合には、契約を進めずに、不動産知識のある
人に相談するか、専門家などに相談をしてみると良いと思います。