手付金って何?

手付金って何?

不動産に契約において、手付金はとても重要なものになります。

 

 

 

簡単に言いますとこれは、買主と売主の間で、取引売買契約が行われた
際に、買主が売主へ支払うお金のことで、売買代金の10%程度が
一般的です。

 

 

 

これは一般的な買い物などでの前金などとは違い、
証約手付、違約手付、解約手付の3つの面があるので、
注意が必要です。

 

 

 

契約の際には、契約書をしっかりと読み、疑問な点はすべて
聞くようにし、問題をクリアーにしましょう。

 

 

 

契約後に思っていたのと違ったなどとなってからでは、
遅い場合があるので、契約書が正しいかよくわからない際には、しっかりとした不動産の専門家などに相談するのも、良いと思います。