不動産売買の基本的なルール

不動産売買の基本的なルール

今回は不動産契約の基本的な売買の知識について書いていきましょう。簡単に家は買い手、売り手の同意があれば契約が成立します。

 

しかし一度成立した契約は容易に解除できないため、よくよく確認することが必要です。契約内容に不服があってもほとんどの事は自己責任で済ますことが出来ます。

 

売り手の会社にも一定の責任や義務がかせられていますが、自己責任だと言われる範囲が大きいことはよく意識しておくべきでしょう。契約自体は好きなようにできます。

 

当然方に反したものはダメですし、消費者保護の法律もありますが、これですべての不利益を守れるわけではないのです。
契約自体も自由に決められることが多いのですが、抽象的な書き方の契約だったりするとあとあと問題となります。
そうならないように契約事項について不動産会社にこまめに確認をとってください。

 

売り手が宅地建物取引業者との売買の場合は、消費者を保護するためにいろいろな制限があります。買い手の消費者が契約内容を間違って理解していた場合などは、消費者が契約を破棄することができるというような内容です。
しかし消費者といっても何かの事業をしていて、そういった目的のための不動産購入ですと上述の破棄はできなくなります。

 

こういった売買の基本的なルールは、売り手が不動産会社の場合と、事業者と個人の場合と、不動産会社と事業者との売買の場合とで適用される法律などが違ってきます。

 

とくに個人が不動産を買う場合はしっかりとした情報収集が必要ですね。
事業で不動産を買う場合も自分の判断だけで決めずに専門家にアドバイスを求めるといいでしょう。