不動産会社の見分けかた

不動産会社の見分けかた

新築物件を購入しようとして、まずは不動産会社をどこにするか決めなければいけません。会社によって扱う物件なども違います。
広範囲に支店などがあれば、広い地域の中から自分達にあった物件が探せますし、昔から同じ地域で商売をしている不動産会社ならば、いろいろな情報を知っているかもしれません。

 

不動産会社が大きければ大きいほどいいというものではないので、直接不動産会社にいってみて自分で相手の能力を確認しましょう。
 

 

ネットで調べられる情報も多いです。宅地建物取引業の番号も調べておきましょう。
この免許は数年ごとに更新されます。この数を調べれば何年不動産業を営んでいるのかがわかります。今は五年ごとに更新されています。

 

ただし少ない間しかしていない不動産会社でも優良な会社はいくらでもあるので、ひとつの判断基準としてください。

 

役所にいけば宅地建物取引業者名簿を見ることができます。これは会社の所在地や、事業などいろいろな情報が載っています。これを見れば大体どんな会社なのかわかるでしょう。

 

過去に行政処分された情報なども載っており、本当に信用できる会社なのかどうかがわかります。最近では不動産会社の強引な勧誘などが問題になっています。

 

こういったことが多くなってきたので、不動産会社は商号や指名を名乗らず、勧誘だと先に言わずに強引な勧誘をすることが禁止されました。

 

また、拒否したのにもかかわらず、粘って勧誘をするのも禁止されています。
こういった迷惑行為は国土交通省や、宅建業関連の役所に言えば行政処分となります。