瑕疵担保責任とは2

瑕疵担保責任とは2

住居になにか物質的な欠陥があることを瑕疵といいます。虫が発生して建物の木材を食べていたりするのもこのうちに入ります。この瑕疵で重要なのはやはり買い手がわからなかった、知らなかった欠陥です。

 

知らずに買ったばあい当然ですが損害賠償などを求めることができます。その欠陥のある住宅が生活のできないような状態のばあいは、完全に契約を解除することもできます。売り手にこうした欠陥の責任がどの程度あるのかというと、不動産が医者の場合は二年より長い期間です。

 

売買の契約時どの程度の期間なのかを決めるので、売り手とよく相談し確認しておかなければいけません。そして新築物件の場合はこれも不動産会社の場合ですが、住居の重要な部分に十年近く責任を負います。

 

また不動産会社は倒産する可能性もありますから、そういった時に欠陥のある住宅を売って保証ができないという状況が発生する可能性もあります。

 

ですから売り手は保険などに入ることがきまっています。売買の際、瑕疵のある物件を売ってしまった場合、売る側が上記の保証か供託金かを説明しているはずですからよく確認してください。
とくに新築の住居を買う際、関係している法律をよく調べ、不動産会社の保証内容もよく確認しておきましょう。

 

保証関係はすべてが法律で決まっているわけではなく、契約ごとに違いがあります。
今回書いた買い手が全く知らない欠陥があったときに、売る側が負う責任を瑕疵担保責任といいます。

 

一度この瑕疵担保責任について詳しく調べてみるべきでしょう。