賃貸住宅の審査目的

賃貸住宅の審査目的

自分たちが希望する場所と賃料、間取りなどの条件が合っている物件が決定しても、直ぐに契約して入居出来るという事にはなりません。

 

お金を払えばブランド品でも旅行商品でも大抵のものは直ぐに入手できますが、賃貸の戸建住宅でもマンションでも所定の手続きをして貸主の承諾が得られなければ入居できません。

 

 

 

また、良い物件ほど借りたい希望者が重複しますので自分たちの希望通りには行かないことが多いのです。

 

ですから希望物件が決まったら直ぐに仲介不動産会社にお願いして急いで「入居申込書」に必要事項を記入して貸主に対して提出する必要があります。

 

この書面による申込書が貸主の手元に届きますと、申込者に対して審査が行われます。

 

 

 

物件の所有者にとって大切な住宅資産を他人に賃貸するのですから、申込者に貸しても暗視であるかについて検討するのです。

 

この審査にパスして初めて賃貸契約書の締結ということに成りますので、審査にパスすることが最初の関門です。

 

次に一般的な審査の内容について記しますので頭に入れておいて下さい。

 

 

 

◆審査ポイント

 

1, 第一の審査の目的は借りる人物{賃貸人}の信用調査を行います。
2, 賃借人の所得を証明する書類を提出しますので、収入から見て賃料の不払いや遅延の心配が無いか審査します。
3, 職業や家族構成などから判断して揉め事を起こしたりトラブルを起こす懸念がないか。
4, 反社会的な行動や反社会的な組織と関係ないか。

 

 

 

"