カリフォルニアでの賃貸生活「初めに」

カリフォルニアでの賃貸生活「初めに」

賃貸住宅の情報としてアメリカでの生活を希望する方のために日米の賃貸住宅の内容について比較しながら記して参りますので参考にしてください。

 

日本とアメリカの住宅事情を比較する事は難しい点が幾つかあります。

 

 

 

アメリカは国土が日本の数十倍も有る大きな面積で人口は日本の約3倍程度ですから、根本的に違いがあります。

 

日本でも東京や大阪のような人口が密集しているニューヨーク等は高層マンションが主流で、1戸当たりの面積も狭くなりますがアリゾナやカリフォルニア南部では面積が広くプールなども付いた戸建物件も有ります。

 

さて、今回は日本でも都心では有りませんが都内23区の平均的な場所と、日本人も多く人気のあるアメリカ西海岸のカリフォルニア州のロサンゼルス周辺の地域とを比較してみたいと思います。

 

ロサンゼルスは通年にかけて温暖で湿度も低く雨が少ない地域ですので1年中が日本の春や秋のベストシーズンの感じで過ごせるところです。

 

 

 

一昔前のハリウッド映画の全盛時には映画産業で栄えた町で有名な俳優や音楽家たちも好んで住んだ華やかな町でした。

 

最近はヒスパニック系のメキシコ人やアジア系の人達も多くいますがチャイナタウンもあり、コリアンタウン、日本人町も有ります。

 

 

 

日本人の多いトーランスなどで暮らすつもりならば、日本食専門にスーパーも有りますし、弁護士から医者、不動産や・・・など何でも日本語で通用しますので英語が苦手な方でも心配有りません。

 

寿司屋や日本食のレストランも数多く有りますので日本人留学生等がバイトで働いています。
彼らのように日本から留学で来ている方達や長期出張で日本から家族で来て賃貸住宅に住んでいる方達も多くおります。