固定金利か変動金利か

固定金利か変動金利か

マンション購入に当たってまず考えるのが住宅ローンの問題です。
住宅ローンには大きく分けて3つの形があります。
すべての期間、金利が借入時に固定されるローン、一定期間は固定金利になり、その期間が過ぎると金利が変動する固定金利選択によるローン、短期金利に連動して金利が変動するローンがあります。

 

 

 

返済最終日までの借入額が確定するので、返済計画がたてやすい。
固定金利は、マンション購入時に最終返済日までの返済額が確定するので返済計画が立てやすいという利点があます。また、低い金利で借りることができれば景気上昇による金利の上昇の際にも返済額がかわらず、安心して返済ができます。

 

 

 

ただし、マンション購入時の金利は変動金利よりも高くなります。変動金利は、日銀の金融政策や景気の状況により半年毎に見直され変化するので返済額や支払利息も確定しません。しかし、実際は金利がどんなに変更されても返済額は5年間変更ありません。

 

 

 

また、金利が上昇した場合も、見直し時の返済額の上限は「これまでの返済額×125%」と決められています。
もちろん、未払いの利息が発生することもあるのですが、その場合は、元本に未払利息分が加算されて、返済額を再計算することになります。

 

 

 

固定金利選択によるローンは銀行によって期間は違いますが当初2年、5年、10年など金利が固定される期間を設定し、その期間が過ぎると変動になるものです。固定期間が終わると、その時点での変動金利が適用されるため急に返済額が上昇することもあります。
いずれにしても、マンション購入時の家族構成や、収入などを加味し長期にわたって無理なく返済できるように計画的にローンを組み事が大切です。