住宅性能評価のメリット

住宅性能評価のメリット

この住宅が住みやすさ、耐久性、安全性などを総合的に評価するものが住宅性能評価ですが、評価が高ければ高いほど、単純に「優秀な住宅」として評価を受けることができます。

 

 

 

そのため、住宅性能評価書の付いた住宅にはさまざまなメリットがあります。何より、所有者が、自分の家に対する客観的な性能評価を知ることができるということが一つ。耐震性能の等級などに応じて地震保険率の割引を受けることもできますし、住宅ローンの金利が優遇される場合もあります。

 

 

 

これは保険会社や金融機関のよっても異なることがあります。新築住宅を購入した際、その住宅に性能評価書が付いていれば、引き渡しの時点でその性能を100%満たしていなければいけないことになります。

 

 

 

もし評価書に表示された性能を満たしていない場合には、買主は売主に補修工事や損害賠償などを求めることができます。

 

 

 

そのようなトラブルから紛争が起こることがあります。その場合の紛争処理の手数料は1件当たり1万円となるそうです。