マイホーム購入の頭金

マイホーム購入の頭金

マイホームを購入を考えるとき、ほとんどの方は住宅ローンを組むと思います。
そのときに購入価格のうち、何割かを自己資金から出すのですが、そのお金を頭金と言います。
この頭金、実はマイホームの価格の二割というのが定説となっています。
しかし、二割って結構大きな額だと思いませんか。

 

 

 

3000万円のローンを組むとしたら、600万円ですよ。
600万円を賃貸に住んで、家賃を払いながら貯めるのはかなり大変ですよね。
その間に子供は大きくなるし、賃貸だとますます手狭になってきます。
本当にこんなに頭金を貯める必要があるのでしょうか。

 

 

 

確かに、頭金が多ければ多いほど支払いは楽になるのは事実です。
借入額が少ないと、その分利息も少なくて済みますからね。
それに、最近では自己資金を二割以上用意できる人には金利の優遇が設けられているところが多いのです。
これは、住宅ローンの返済が途中で滞ってしまう人が多いからなんです。

 

八王子で物件をお探しなら金子不動産がオススメですよ

 

身の丈以上のローンを組んでしまった、病気や会社の倒産で支払いができなくなったなど、
その理由は様々ですが、そういったことが多いので、銀行側もきちんと支払ってくれる人に貸したいわけです。
自己資金を二割以上も用意できる人なら、住宅ローンの支払いに困ることもないと考えられているのです。
家賃を払いながら600万円も貯められる人ですからね。

 

 

 

しかし、その間狭い賃貸で我慢して生活しなければいけませんし、子供も自分の部屋が欲しいと言い出したりします。
さすがに頭金ゼロというのは危険ですし、銀行側も嫌がるのでお勧めしませんが、
二割貯まるまで頑張るかどうかは、個々の考え方次第と言えます。