不動産鑑定評価って何?

不動産鑑定評価って何?

土地や建物などの物件を評価する上で、
不動産鑑定評価というのがあります。

 

 

 

これは不動産鑑定士と呼ばれる、不動産鑑定をできる資格を
有する人が、その価値を知りたい不動産を合理的価格を
算出することです。

 

 

 

土地や不動産は、似たようなものがあっても、全くといってよいほど
同じものが存在しないと言われており、さらには場所も移動できない
という点で、他のモノと比べてみると、価格を決めにくい部分があります。

 

 

 

このような状況から、不動産鑑定士が適正な不動産評価を
行うことで、売買の基準となる不動産の評価額を出しています。

 

 

 

鑑定の方法には、取引事例比較法、原価法、収益還元法の三種類があり、
この方法を使い分けている場合が、殆どのようです。