「瑕疵担保責任」とは

「瑕疵担保責任」とは

「瑕疵」というのは、雨漏りやシロアリ被害など、住宅物件の欠陥のことを言います。基本的に住宅が売られる場合には、この「瑕疵」がない状態でなければいけません。

 

貸し画廊

 

ですが、中には売主が知りえなかった、知っているのに知らないふりをしていた「瑕疵」があるときがあります。契約の際に売主に知らされていなかった「瑕疵」です。

 

 

 

そういったものを法的に「隠れた瑕疵」と言います。この「隠れた瑕疵」が判明した場合、買主は売主へ物件の補修や損害賠償を求めることができます。

 

 

 

また契約の解除を求めることもできます。このように、物件の瑕疵に関する売主の責任を法的に「瑕疵担保責任」と言います。

 

 

 

物件の「隠れた瑕疵」に関するトラブルが非常に多いことから、不動産会社が売主の場合は、2年以上の瑕疵担保責任を負うことが義務付けられています。

 

 

 

新築物件の場合は10年と定められています。相手が不動産会社ではない場合は、民法の規定に基づいてさばかれることになります。