売買契約書の一般的な項目

売買契約書の一般的な項目

不動産の売買契約は、高額なお金が動く取引ですので、一般的には契約書を取り交わすことになります。

 

 

 

「しっかりした会社が出すものだから問題ないだろう」と契約書をしっかり読まず契約してしまうことが往々にあるようですが、それではいけません。契約書の中に、あなたが知りえなかった契約の事実が隠されているかも知れません。

 

 

 

契約書の内容をしっかり把握し、少しでも疑問に思うものがあれば必ず質問をして、理解したうえで契約を交わすようにしましょう。

 

 

 

契約書には一般的に、売買物件に関する表示、売買代金・手付金等の額・支払日、土地の実測及び土地代金の精算、所有権の移転と引渡し、付帯施設等の引継ぎ、負担の消除、公租公課等の精算、手付解除、引渡し前の物件の滅失・毀損、契約違反による解除、ローン特約、瑕疵担保責任、このようなものが記載されています。

 

 

 

当然これ以外の内容についても記載があることもあります。隅々までしっかりと把握して契約を結ぶようにしましょう。